スポンサーリンク

『魔法の樽 他十二篇』マラマッド(岩波文庫)

『魔法の樽 他十二篇』マラマッド、阿部公彦訳(岩波文庫)

2013年
416頁




目次(収録作品)

はじめの七年
死を悼む人々
夢にみた彼女
天使レヴィン
「ほら、鍵だ」
どうか憐れみを
牢獄
湖の令嬢
ある夏の読書
請求書
最後のモヒカン族
借金
魔法の樽

「それを教えることはできません」 聖職者(ラビ)を目指して勉強中の青年が頼るうらぶれた結婚仲介業者は,青年が目にとめた写真の女性にだけは会わせてくれない.この女は何なのか……? ニューヨーク下町のユダヤ人,暗い現実に光が差し込む表題作ほか,イタリアでの新旧世界のギャップを描いた「湖の令嬢」など,現代のおとぎ話十三篇.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange