スポンサーリンク

『日常生活の精神病理』フロイト(岩波文庫)

『日常生活の精神病理』フロイト、高田珠樹訳(岩波文庫)

2022年
606頁




目次(収録作品)

第一章 固有名詞の度忘れ
第二章 外国語の言葉の度忘れ
第三章 名前と文言の度忘れ
第四章 幼年期想起と遮蔽想起について
第五章 言い違い
第六章 読み違いと書き違い
第七章 印象や企図の度忘れ
第八章 取りそこない
第九章 症状行為と偶発行為
第十章 勘違い
第十一章 複合的な失錯行為
第十二章 決定論、偶然を信じること、迷信、様々な観点

よく知っているはずの画家の名前がどうしても想い出せない。ありえない言い違いや読み違いをしてしまう――誰もが経験する日常のささやかな度忘れや失錯の奥に潜む、思いもかけない想念や欲望とは。フロイト(1856-1939)存命中にもっとも広く読まれ、各国語に訳されてきた著名な一作。十全な注と事例の一覧も付す。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange