スポンサーリンク

『トーベ・ヤンソン短篇集』(ちくま文庫)

『トーベ・ヤンソン短篇集』トーベ・ヤンソン、冨原眞弓訳(ちくま文庫)

2019年
264頁




目次(収録作品)

子ども時代(夏について/往復書簡/カリン、わが友)
創作(森/猿/愛の物語/自然のなかの芸術/リス/絵)
奇妙な体験(嵐/ショッピング/植物園)
旅(汽車の旅/見知らぬ街/時間の感覚/リヴィエラへの旅/軽い手荷物の旅)
老いと死の予感(聴く女/事前警告/雨)

トーベ・ヤンソンにはムーミン作家として以外の、魅力的なもう一つの顔がある。「ああ、あの作品はここから生まれたのか」と思わず読者を納得させる、子供のこだわりと大人のユーモアやペーソスがない交ぜになった味わい深い作品群。多岐にわたる短篇の中から、その特徴を示す際立った作品を選んで一冊に編み、ヤンソンの世界の奥行きと背景を伝えるベストセレクション。

出典:筑摩書房公式サイト



[キーワード]
トーベヤンソン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange