スポンサーリンク

『自我と無意識の関係』ユング(人文書院)

『自我と無意識の関係』C.G. ユング(カール・グスタフ・ユング)、野田倬訳(人文書院)

新装版2017年
211頁




目次(収録作品)

第一部 意識におよぼす無意識の諸作用

 第一章 個人的無意識と集合的無意識
 第二章 無意識の同化作用のおこす後続現象
 第三章 集合的心の一部としてのペルソナ
 第四章 集合的心からの個性解放の試み
     A ペルソナの退行的復元
     B 集合的心との同一化

第二部 個性化
 第一章 無意識の機能
 第二章 アニマとアニムス
 第三章 自我と無意識の諸形象とを区別する技術
 第四章 マナ=人格

訳者解説 無意識とユング

内面のドラマともいうべき、無意識的な心の変遷過程をたどる。ユング思想の全体を浮かびあがらせる絶好の入門書。

本書帯より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする