スポンサーリンク

『〈正義〉の生物学』山田俊弘(講談社)

『〈正義〉の生物学 トキやパンダを絶滅から守るべきか』山田俊弘(講談社)

2020年
272頁




目次(収録作品)

序章 生物の保全は必要か?
第1章 保全不要論―絶滅は自然の摂理か?
第2章 ヒトがもたらした絶滅の歴史
第3章 強い種が弱い種を絶滅させるのは自然の摂理か?―〈弱肉強食論〉を考える
第4章 トキやパンダは役に立つ?―脆弱な〈役に立つから守る論〉
第5章 〈正義〉の生物学―保全は人の宿命か?

現在、一〇〇万種以上の動植物が絶滅の危機に瀕している―過去の地球で起きた五度の“大量絶滅”をはるかに凌ぐ勢いで生物多様性が失われつつあることがわかってきた。この第六の大量絶滅期を生きる私たちは、生き物の保全をおこなうべきだろうか? もしおこなうべきだとすれば、その理由はどこにあるだろうか?

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。