スポンサーリンク

『子どもの難問』野矢茂樹編著(中央公論新社)

『子どもの難問―哲学者の先生、教えてください!』野矢茂樹編著(中央公論新社)

2013年
198頁




目次(収録作品)

ぼくはいつ大人になるの? 熊野純彦/野矢茂樹
死んだらどうなるの? 清水哲郎/雨宮民雄
勉強しなくちゃいけないの? 土屋健二/斎藤慶典
頭がいいとか悪いとかってどういうこと? 大庭健/中島義道
人間は動物の中で特別なの? 一ノ瀬正樹/伊勢田哲治
好きになるってどんなこと? 田島正樹/山内志朗
過去はどこに行っちゃったの? 野家啓一/永井均
なぜ生きてるんだろう? 神崎繁/入不二基義
どうすればほかの人とわかりあえるんだろう? 戸田山和久/古荘真敬
考えるってどうすればいいの? 柏端達也/野矢茂樹
科学でなんでもわかっちゃうの? 伊勢田哲治/柴田正良
悪いことってなに? 大庭健/田島正樹
自分らしいってどういうことだろう? 鷲田清一/熊野純彦
きれいなものはどうしてきれいなの? 神崎繁/鈴木泉
友だちって、いなくちゃいけないもの? 清水哲郎/一ノ瀬正樹
人にやさしくするって、どういうこと? 斎藤慶典/渡辺邦夫
芸術ってなんのためにあるの? 山内志朗/古荘真敬
心ってどこにあるの? 柴田正良/柏端達也
えらいひととえらくない人がいるの? 鷲田清一/野家啓一
神様っているのかなあ? 田島正樹/永井均
哲学者って、何をする人なの? 戸田山和久/入不二基義
幸せって、なんだろう? 土屋賢二/雨宮民雄

なぜ生きてるの? 死んだらどうなるの? 誰もが一度はぶつかる素朴だけど本質的な問い。あまりに根本的すぎてどう考えたらいいかわからない。手がかりがなく、先に進めなくなってしまったことはありませんか。
日本を代表する哲学者たち(「超」豪華! )が、そんな難問に挑みます。
ふだん、哲学書を開かないあなたにも手にとってほしい、玉手箱のような一冊です。

アマゾン商品説明より

子どもの難問

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。