スポンサーリンク

『怪談 牡丹燈籠』三遊亭円朝(岩波文庫)

『怪談 牡丹燈籠』三遊亭円朝(岩波文庫)

2002年
308頁



旗本の娘お露の死霊が、灯篭を提げカランコロンと下駄を鳴らして恋人新三郎のもとに通うという有名な怪異談を、名人円朝の口演そのままに伝える。人情噺に長じた三遊亭円朝(1839-1900)が、「伽婢子」中にある一篇に、天保年間牛込の旗本の家に起こった事実譚を加えて創作した。改版。(解説=奥野信太郎/注=横山泰子)


[関連]
『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』三遊亭円朝(角川ソフィア文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。