スポンサーリンク

『梨の花』中野重治(岩波文庫)

『梨の花』中野重治(岩波文庫)

1985年
479頁



誰しも幼い時の記憶はある。が、作者(1902-79)のそれは格別のものだ。読者はその克明な描写と温もりある越前の言葉づかいによって、良平少年とともに北陸の田舎にいることに気づく。ここには、雪の中の楽しい正月があり、馬の下をこわごわくぐり抜け、おばばの話に耳かたむける日々がある。こうして少年は成長していった。(解説=寺田透)

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange