スポンサーリンク

『心理学』W・ジェームズ(岩波文庫)

『心理学』(上下)W・ジェームズ、今田寛訳(岩波文庫)

上巻

1992年
341頁

目次(収録作品)

感覚総論
視覚
聴覚
触覚、温度感覚、筋肉感覚、痛覚
運動の感覚
脳の構造
脳の機能
神経活動の一般的条件
習慣
意識の流れ
自我
注意

下巻

1992年
341頁

目次(収録作品)

第14章 概念
第15章 弁別
第16章 連合
第17章 時間の感
第18章 記憶
第19章 想像
第20章 知覚
第21章 空間の知覚
第22章 推理
第23章 意識と運動
第24章 情動
第25章 本能
第26章 意志
終章 心理学と哲学

本書は、(おそらく)ウィリアム・ジェームズの大著『心理学原理』(The Principles of Psychology)を要約した『心理学要論』(psychology:briefer course, 1892)の翻訳。全訳かは分からない。
(また、『心理学原理』が全訳されたものはない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。