スポンサーリンク

『人が人を殺すとき』マーティン・デイリーほか(新思索社)

『人が人を殺すとき―進化でその謎をとく』マーティン・デイリー、マーゴ・ウィルソン、長谷川真理子・長谷川寿一訳(新思索社)

1999年
511頁

定価4800円(税別)




目次(収録作品)

第1章 殺人と人間の本性
第2章 血縁者に対する殺人
第3章 嬰児殺し
第4章 親による現代の子殺し
第5章 親殺し
第6章 殺しの動機は口論と名誉
第7章 殺しはなぜ男で女ではないのか?
第8章 男どうしの対立の論理
第9章 夫婦間の殺し
第10章 殺しへの仕返しと復讐
第11章 殺人者の責任を問う
第12章 殺人をめぐる文化の違い

だれが、だれを、なぜ殺すのか。人間の心理特性とそれらが暴走することで起こる殺人を事例や統計をあげて詳細に分析し、人と人との究極的な葛藤の姿を明らかにする。進化心理学による初の殺人研究。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする