スポンサーリンク

『仏領西インドの二年間』小泉八雲(恒文社)

『仏領西インドの二年間』(上下)小泉八雲、平井呈一訳(恒文社)

上巻

1976年3月20日初版発行
437頁

目次(収録作品)

はしがき
真夏の熱帯行
マルティニーク小品集
 荷運び女
 ラ・グランド・アーンス
 幽霊
 魔女
 天然痘
 洗濯女
 ペレー山
 箱舟少年(下巻に続く)

八雲と俳諧(平井呈一)

下巻

1976年3月20日初版発行
447頁

マルティニーク小品集(続き)
 有色人の娘
 ムカデ
 わが家の女中
 「思案は禁物!(バ・コンビネ、シェ)」
 エ(Ye)
 リ(Lys)
 (付録)クリーオール音楽

チタ―ラスト島のおもいで
ユーマ―西インドの奴隷物語

八雲の小説(平井呈一)

本書は書名の通り、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が西インド諸島(カリブ海諸島)を訪れ滞在した際の、ノート、紀行文、エッセー、小説を邦訳し一書としたもの。

「荷運び女」「幽霊」「箱舟少年」「わが家の女中」などは中々の佳品。
マルティニーク小品集は、今も読む価値が高くおすすめ。これだけでも新訳や復刊等が望まれる。

(※アマゾンのページにある「新品/中古品の出品を見る」や「中古品の出品」等のリンクから詳細を確認してください。商品ページのものと実際に販売している版などが異なる場合があるので注意。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange