スポンサーリンク

『ロラン・バルト モード論集』(ちくま学芸文庫)

『ロラン・バルト モード論集』ロラン・バルト、山田登世子訳(ちくま学芸文庫)

2011年
184頁




目次(収録作品)

舞台衣装の病い
宝飾品からアクセサリーへ
ダンディズムとモード
靴下と思想
シャネルVSクレージュ
衣服の歴史と社会学―幾つかの方法論的考察
言語と衣服
衣服の社会学のために―キーナー『衣服、モード、人間―心理学的解釈の試み』書評
今年はブルーが流行―モードの衣服における記号作用単位についての研究ノート
モードと人文科学―『エシャンジュ』誌インタビュー〔ほか〕

初期の金字塔『モードの体系』当時のロラン・バルトは、ソシュールによって提唱された記号論的方法を探り、モードをその研究対象として、多くのエッセイを残している。モード界の2人のヒーローを対決させる「シャネルvsクレージュ」、装いの卓越性について語る「ダンディズムとモード」、衣服史研究の方法論をめぐる「衣服の歴史と社会学」、モード誌の表現からその意味作用を探る「今年はブルーが流行」など13本を収める。緻密かつ鮮やかにモードという日常の現象を分析してみせる1冊。新訳・オリジナル編集。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。