スポンサーリンク

『共同体の基礎理論 他六篇』大塚久雄(岩波文庫)

『共同体の基礎理論 他六篇』大塚久雄、小野塚知二編(岩波文庫)

2021年
414頁




目次(収録作品)

I
共同体の基礎理論
  改版にさいして
  第一版はしがき
 第一章 序論
 第二章 共同体とその物質的基盤
  一 土地
  二 共同体
 第三章 共同体と土地占取の諸形態
  一 アジア的形態
  二 古典古代的形態
  三 ゲルマン的形態

II
生産力における東洋と西洋――西欧封建農民の特質
いわゆる「封建的」の科学的反省
「共同体」をどう問題とするか
内と外の倫理的構造
マックス・ヴェーバーのアジア社会観――とくに彼の共同体理論について
アジアから見た文化比較の基準

資本主義の発展史の解明に取り組んだ経済史家・大塚久雄(1907-96)は、その前段階にある「共同体」の成立と解体についても考察を進めた。「土地の占取」に注目して、アジア的、古典古代的、ゲルマン的の三形態の共同体を区別し、前近代社会の理論的な見取り図を描いた表題作のほか、関連する論考を併せて収録する。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange