スポンサーリンク

『WGIP日本人を狂わせた洗脳工作』関野通夫(ハート出版)

『WGIP日本人を狂わせた洗脳工作―今なお はびこるGHQの罠』関野通夫(ハート出版)新書

2022年
210頁




目次(収録作品)

第一部 WGIPが謀略である証拠
第一章 未だ気づかれていない洗脳工作
第二章 内部文書「WGIP」の発見
第三章 洗脳と検閲の両面作戦
第四章 発見文書から内容を読みとる
第五章 CIEと東京裁判との関係
第六章 WGIPでCIEが懸念したこと
第七章 東京裁判に対するアンチテーゼ
第八章 東京裁判における清瀬一郎弁護士の冒頭陳述

第二部 「遅効性毒薬」WGIP
第一章 自虐思想の成立と拡大
第二章 日本人が騙されるパターン──WGIP型
第三章 日本人が騙されるパターン2──言霊信仰型
第四章 日本人が騙されるパターン3──政府主導型
第五章 欧米人と日本人の思考法の違い
第六章 日本人が騙されやすい理由と、その改善への提言

ベストセラー書籍の普及版! !
WGIPとは戦争への罪悪感を国民に植え付けるプログラム
未公開証拠文書の歴史的大発見で話題騒然! !

WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)は
日本人の再起を阻む遅効性の毒薬だった!

本書帯より

※本書は『日本人を狂わせた洗脳工作』『いまなお蔓延るWGIPの嘘』(ともに自由社ブックレット)を統合、加筆修正して再構成したものです。

出典: ハート出版 公式サイト


[関連]
『日本人を狂わせた洗脳工作』関野通夫(自由社)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange