スポンサーリンク

『東洋遍歴記』メンデス・ピント(平凡社)

『東洋遍歴記』(全3巻)メンデス・ピント、岡村多希子訳(東洋文庫・平凡社)

第1巻 1979年・320頁

16世紀のポルトガルの冒険商人ピントが,20年にわたって東洋諸国を遍歴した波瀾万丈の半生を語る。大航海時代の側面史であり,ポルトガル文学史をかざる華麗な冒険小説。本邦初の原典からの完訳。第1巻は,リスボンからマラッカ,スマトラなどをへてナンキンにいたるまで。

出典:平凡社公式サイト

第2巻 1980年・360頁

 第2巻はペキンから種子島、豊後などをへてマラッカに戻るまで。

第3巻 1980年・356頁

 第3巻は,シャムでの冒険とシャヴィエルの日本布教などの事績。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange