スポンサーリンク

『父親としての森鴎外』森於菟(ちくま文庫)

『父親としての森鴎外』森於菟(もり・おと)(ちくま文庫)

1993年
436頁




目次(収録作品)

1 観潮楼始末記ほか
2 鴎外と医学
3 父親としての森鴎外

森於菟は鴎外の長男であり、母は鴎外と離別した先妻である。於菟は、祖母によって育てられ、のち日本の解剖学の権威となる。その於菟が綴った鴎外一家の歴史と真実。一家の柱としての鴎外と父としての鴎外と人間としての鴎外を活写して余すところがない本書は、第一級の資料であると同時に、深く感動をよぶ一個の人間記録である。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする