スポンサーリンク

『アジアが今あるのは日本のお陰です』(桜の花出版)

『アジアが今あるのは日本のお陰です―スリランカの人々が語る歴史に於ける日本の役割』(シリーズ日本人の誇り8)桜の花出版編集部編(桜の花出版)

2009年
258頁




目次(収録作品)

第1章 私はコロンボ上空で敵と戦いました―元日本海軍中慰・原田要氏の証言
第2章 仏教・親日・独立―ダルマパーラとジャヤワルダナと日本
第3章 私は日本の賞賛者です―サムソン・S・S・ウィジェシンハ氏の証言
第4章 日本に感謝しなければいけない―ソマシリ・デヴェンドラ氏の証言
第5章 日本軍が戦ったから独立出来た―ススリパーラ・デ・シルバ氏の証言
第6章 両国には強い絆がある―デシャマンニィ・P・R・アントニス氏の証言

20世紀初頭、セイロン(現スリランカ)建国の父ダルマパーラをして「欧米人のアジア人に対する差別的偏見をなくし、植民地支配という悲劇の中にあるアジアを救うことこそ日本の役目なのだ」と言わしめた日本は、2年後、日露戦争勝利によって“白人絶対優位”という幻想から非白人種を解放したのだった。日本人が知らない世界史の真実。

出典:桜の花出版公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange