スポンサーリンク

『伝説となった日本兵捕虜』嶌信彦(角川新書)

『伝説となった日本兵捕虜―ソ連四大劇場を建てた男たち』嶌信彦(角川新書)

2019年
264頁




目次(収録作品)

序章 シルクロードの“日本人伝説”
第1章 敗戦、そして捕虜
第2章 抑留、劇場建設へ
第3章 収容所長との交渉
第4章 誇れる仕事
第5章 秘密情報員と疑われた永田
第6章 収容所の恋
終章 夢に見たダモイ

1945年、秋。敗戦後、ウズベキスタンに抑留された工兵たちがいた。
彼らに課されたのは「ソ連を代表する劇場を建てること」。
捕虜生活の下、457名の隊を率いてプロジェクトを完遂したリーダーは、まだ20代の将校だった。
「日本人の誇りと意地にかけて、最良のものをつくりたい」
彼らの仕事は、ソ連四大劇場の一つと称賛され、大地震にも耐えたオペラハウス「ナボイ劇場」として結実した。
堅牢な造り、美麗な内装。彼らの誇りと意地をかけた仕事は、収容所長をはじめ、現地の人々の心を動かし、語り続けられ、日本人伝説となった。

出典:KADOKAWA公式サイト

※本書は『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』を加筆修正し改題の上、新書化したもの。

[関連]
『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』嶌信彦(2015・角川書店)単行本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange