スポンサーリンク

『リスクにあなたは騙される』ダン・ガードナー(早川書房)

『リスクにあなたは騙される』ダン・ガードナー、田淵健太訳(早川書房)文庫

2014年
544頁




目次(収録作品)

リスク社会/二つの心について/石器時代が情報時代に出会う/感情に勝るものはない/数に関する話/群れは危険を察知する/恐怖株式会社/活字にするのにふさわしい恐怖/犯罪と認識/恐怖の化学/テロに脅えて/結論ー今ほど良い時代はない

9・11テロ後、アメリカでは自動車事故による死者が急増した。人々が飛行機を過度に恐れたためだ。死亡者数は1年でテロに遭った飛行機搭乗客のおよそ6倍。環境汚染やネット犯罪など現代人は新たなリスクを抱えているが、実際に災難に遭う率はどれほどか?気鋭のジャーナリストがその確率を具体的に示し、言葉やイメージで判断が揺らぐ人間の心理と、恐怖をあおる資本主義社会の構造を鋭く暴く必読書。解説/佐藤健太郎

出典:Hayakawa Online


[関連]
『リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理』ダン・ガードナー、田淵健太訳(2009・早川書房)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。