スポンサーリンク

『ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版』(日経ナショナルジオグラフィック社)

『ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版』ハル・ビュエル編著、河野純治訳(日経ナショナルジオグラフィック社)

第2版2015年
351頁




目次(収録作品)

第1期 大判カメラと初期のピュリツァー賞受賞作品(1942~1961)
第2期 カメラの小型化、ベトナム戦争と公民権運動(1961~1969)
第3期 新たな賞、特集写真部門の創設(1970~1980)
第4期 カラー写真、デジタル化、女性写真家、アフリカ(1981~2002)
第5期 デジタル革命(2003~2011)
第6期 フォトジャーナリズムに迫る新たな脅威(2012~2015)

書名の通りの本。
ピューリッツァー賞は、アメリカの賞なので当然アメリカ中心の内容。収められている文章は、あまり良質とはいえない。本書第2版は、2012~2015年分(約30ページ分)が追加収録されている。
追加分以外は、旧版と同じなので手にするなら本書・第2版がよい。

戦争、暴力、殺人、飢餓といった写真が多いことに、ジャーナリズムとは何かと考えさせられた。

(ところで、ピューリッツァーは、ピュリッツァー、ピュリツァー、ピュリッツァ、プリツァー等かなり表記にゆれがある)

[関連]
『ピュリツァー賞 受賞写真 全記録』ハル・ビュエル著、河野純治訳(2011・日経ナショナルジオグラフィック社)旧版・319頁
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange