スポンサーリンク

『日本共産党』筆坂秀世(新潮新書)

『日本共産党』筆坂秀世(新潮新書)

2006年
191頁




目次(収録作品)

第1章 共産主義とは、独裁政治である
第2章 そもそも共産主義とはどういうものか
第3章 日本共産党の歴史
第4章 革命家たちの物語
第5章 二〇〇四年綱領を読む
第6章 闘う民主主義への道

これが実態だ! 元・最高幹部が赤裸々に明かす「革命政党」の全貌。

「鉄の規律」「秘密主義」。現在でも公安警察の監視対象ゆえに、ある種の物々しさが漂う日本共産党だが、その実態とは――。出来レースで選ばれる党指導部、給与遅配も珍しくない地方組織、度重なる募金で疲弊し離党する一般党員たち。党歴39年、党ナンバー4の政策委員長となるも不祥事を契機に参院議員辞職、離党した著者が、日々の党運営の仕組みから宮本顕治引退の真相まで、「革命政党」の内情を明らかにする。

出典:新潮社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange