スポンサーリンク

『日本の中世国家』佐藤進一(岩波文庫)

『日本の中世国家』佐藤進一(岩波文庫)

2020年
379頁




目次(収録作品)

日本の中世国家(律令国家について/王朝国家/鎌倉幕府/王朝国家の反応)
室町幕府開創期の官制体系(政治機関の個別考察/尊氏・直義の権限区分と官制/官制体系の政治的背景―むすびにかえて)

律令国家解体のあとに生まれた王朝国家と、十二世紀の末、東国に生まれた鎌倉幕府。これらを「二つの型」とし、相互規定的な関係のもとに展開された「権力の二元性」の実態を克明に追いつつ、中世国家の構造と特質を読み解く。本作の原点ともなった論文「室町幕府開創期の官制体系」を併録する。(解説=五味文彦)

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange