スポンサーリンク

『考えることについて』串田孫一(徳間文庫カレッジ)

『考えることについて』串田孫一(徳間文庫カレッジ)

2015年
349頁




目次(収録作品)

考えることについて/見ることについて/疑うことについて/知ることについて/欺くことについて/働くことについて/遊ぶことについて/真似ることについて/作ることについて/笑うことについて〔ほか〕

串田孫一『考えることについて』は、1955年に初版刊行。その後、加筆修正・再刊行など形を変え、多くの読者に愛された串田思想の入門書的存在。79年の旺文社版から36年ぶりの再文庫化。考えることについて、見ることについて、愛することについて、孤独について、不安について。それぞれ普遍的なテーマを取り上げ小気味よく綴る至極の文章は色褪せることがないばかりか、現在も新鮮な輝きを放っている。串田和美氏による特別寄稿文を収録。

出典:徳間書店公式サイト


[参考]
『串田孫一 私の人生論10』(日本ブックエース)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange