スポンサーリンク

『塩一トンの読書』須賀敦子(河出文庫)

『塩一トンの読書』須賀敦子(河出文庫)

2014年
179頁




目次(収録作品)

1(ユルスナールの小さな白い家/翠さんの本/一葉の辛抱 ほか)
2(小説のなかの家族/作品のなかの「ものがたり」と「小説」-谷崎潤一郎『細雪』)
3(『翻訳史のプロムナード』辻由美/『イタリア紀行』ゲーテ/『ニューヨーク散歩ー街道をゆく39』司馬遼太郎 ほか)

「一トンの塩」をいっしょに舐めるうちにかけがえのない友人となった書物たち。本を読むことは生きることと同じという須賀は、また当代無比の書評家だった。好きな本と作家をめぐる極上の読書日記。

出典:河出書房新社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange