スポンサーリンク

『ラッセルのパラドクス』三浦俊彦(岩波新書)

『ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学』三浦俊彦(岩波新書)

2005年
218頁



「この犬は,吠える」「犬は,吠える」,どちらかが間違っている? 簡単なパズルから,常識をつきくずす過激な論理の超絶技巧へ.「世界で最も難解な数学書を書いた哲学者」ラッセルは,パンドラの箱ともいうべきこのパラドクスから,異形の思弁の群れを現代に解き放った.新たな世界への扉を開く,論理学ファン必読の1冊!

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする