スポンサーリンク

『私はイヴ』クリス・コスナー・サイズモア(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

『私はイヴ―ある多重人格者の自伝』クリス・コスナー・サイズモア、エレン・ピティロ、田中一江訳(ハヤカワ文庫NF)(ハヤカワノンフィクション文庫)

1995年
575頁



私クリス・サイズモアは、奔放で誘惑的なイヴ・ブラック、ひっこみ思案のイヴ・ホワイト、理知的なジェインの3つの人格が交互に入れ替わる多重人格の症例として世界じゅうに知れわたった。けれども実際には、およそ40年にわたり、22もの人格たちに記憶を分断され、あやつられていた。本書は、精神医学史上有名で映画「イヴの3つの顔」のモデルにもなった重人格者が、その驚くべき病状を再現した初の自伝である。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。