スポンサーリンク

『泣菫随筆』薄田泣菫(冨山房百科文庫)

『泣菫随筆』薄田泣菫(冨山房百科文庫)新書判(※アマゾンの商品説明には「文庫」とあるが新書)

1993年
334頁




目次(収録作品)

森の声

茶立虫
赤土の山と海と

告天子の歌
魚の憂鬱
朝顔の花の動悸
刈草の匂
石竹
蝉の尿
ぼんつく蓼
松茸
木犀の香
蓑虫〔ほか〕

明治の末頃大詩人と謳われた薄田泣菫の、「茶話」を除く全随筆作品から56編をよりすぐったもの。いわば泣菫版「自然と人生」。自然界・人間界の別なく、およそ生きとし生けるものの命のいとなみの種々相を、同じように生きる者として見つめる筆致は暖かく、香気薫る。

出典:冨山房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange