スポンサーリンク

『三島由紀夫の世界』村松剛(新潮文庫)

『三島由紀夫の世界』村松剛(新潮文庫)

1996年
598頁




目次(収録作品)

序章 生家
1 青春―『酸模』から『盗賊』へ
2 自己改造をめざして―『仮面の告白』から『金閣寺』へ
3 死の栄光―『鏡子の家』から『英霊の声』へ
4 行動者―『豊饒の海』の完結

破れた初恋が、その生涯に落した長い影。「假面」の創造と「他者」への転生の足跡。そして、死を賭してまで世に訴えたかったこと……。生前の深い交友を絶妙の通奏低音としつつ、創作や評論、ノート、書簡等、あたう限り三島由紀夫自身の言葉にもとづき、類いなき文学者の全体像を精緻に浮びあがらせる。スキャンダラスな曲解、伝説の数々を払拭、「三島論」の期を画した決定版評伝。

出典:新潮社公式サイト


[関連]
『三島由紀夫の世界』村松剛(1990・新潮社)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange