スポンサーリンク

『憲法義解』伊藤博文(岩波文庫)

『憲法義解』伊藤博文、宮沢俊義校註(岩波文庫)

2019年
301頁




目次(収録作品)

大日本帝国憲法義解
  第一章 天皇
  第二章 臣民権利義務
  第三章 帝国議会
  第四章 国務大臣及枢密顧問
  第五章 司法
  第六章 会計
  第七章 補則

皇室典範義解
  第一章 皇位継承
  第二章 践祚即位
  第三章 成年立后立太子
  第四章 敬称
  第五章 摂政
  第六章 太傅
  第七章 皇族
  第八章 世伝御料
  第九章 皇室経費
  第十章 皇族訴訟及懲戒
  第十一章 皇族会議
  第十二章 補則

附録
  皇室典範および帝国憲法制定に関する御告文
  憲法発布勅語
  帝国憲法上諭
  皇室典範上諭
  皇室典範増補(明治四〇年)
  皇室典範増補(大正七年)

解題(宮沢俊義)
解説 井上毅と明治憲法――『憲法義解』成立前後(坂本一登)

大日本帝国憲法および皇室典範の注釈書。両草案を枢密院で審議する際に、参考資料とて出されたものが原型である。法制局長官・井上毅が原案を執筆し、伊藤博文の名前で1889年に公刊された。明治政府の準公式的な憲法解説書であり、近代日本憲法史を理解する上で欠かせない重要資料である。(解説=坂本一登)

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange