スポンサーリンク

『太陽と鉄・私の遍歴時代』三島由紀夫(中公文庫)

『太陽と鉄・私の遍歴時代』三島由紀夫(中公文庫)

2020年
268頁




目次(収録作品)

太陽と鉄(エピロオグ―F104)
私の遍歴時代
三島由紀夫最後の言葉(聞き手・古林尚)

最後まで冷徹な自己分析、自己認識の中で、限りなく客観的、論理的世界へ飛翔して、自らの死と対決する三島ミスチシズムの精髄を明かす「太陽と鉄」。詩を書く少年が作家として自立するまでを語る「私の遍歴時代」。この自伝的作品二編に、自死直前のロングインタビュー「三島由紀夫最後の言葉」(聞き手・古林尚)を新たに収録。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange