スポンサーリンク

『ちくま日本文学28 梶井基次郎』(ちくま文庫)

『ちくま日本文学28 梶井基次郎』梶井基次郎(ちくま文庫)

2008年
480頁




目次(収録作品)

檸檬

栗鼠は籠にはいっている
器楽的幻覚
愛撫
桜の樹の下には
闇の絵巻
交尾
Kの昇天
ある崖上の感情
母親―断片
奎吉
大蒜
夕凪橋の狸
城のある町にて
泥濘
路上
橡の花
過古
雪後
ある心の風景
冬の日
温泉―抄
蒼穹
筧の話
冬の蠅
のんきな患者
手紙より

[関連]
『梶井基次郎全集』(ちくま文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange