スポンサーリンク

『日本語の技術―私の文章作法』清水幾太郎(ゴマブックス)

『日本語の技術―私の文章作法』清水幾太郎(ゴマブックス)新書

1977年1月10日初版発行
223頁




著者は、社会学者・評論家。(1907-1988)

本書は、『私の文章作法』(1971)に加筆した改訂版。
文章についてのエッセーのような本。語ったものを元に書かれているらしく、軽い調子で文字通り語るような文章で書かれている。
参考になる部分もいくつかあるが、具体例を示していないのがよくない。
たとえば、戦前の作家の文章を手本にするとよい、と述べているが具体的に誰の文章かは示されていない。
また、新聞の文章を真似するのはやめたほうがよい(p.30~)、というのも全くその通りだと筆者も思うが、これも具体的には論じられない。そういう箇所がけっこうある。

話すことや講演について述べている第4章は、著者の経験をもとに具体的にわかりやすく語っている(のだが)。

[関連]
『私の文章作法』清水幾太郎(1971・潮出版社)新書
amazon

『私の文章作法』清水幾太郎(1995・中公文庫)上記の復刊。
amazon

[参考]
「清水幾太郎における文体の変遷」大久保孝治

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange