スポンサーリンク

『飛花落葉集 他』小泉八雲(恒文社)

『飛花落葉集 他』小泉八雲、平井呈一訳(恒文社)

1976年2月25日第1版発行
1991年5月20日第3版2刷発行
441頁




目次(収録作品)

飛花落葉集
 解説
 書目

落葉集(STRAY LEAVES)
 トートの書(THE BOOK OF THOTH. From an Egyptian Papyrus)
 泉の乙女(THE FOUNTAIN MAIDEN. A Legend of the South Pacific)
 鳥妻(THE BIRD WIFE. An Esquimau Tradition)

インド文学・仏教文学からの物語(TALES FROM INDIAN AND BUDDHIST LITERATURE)
 ティロッタマーの創成(THE MAKING OF TILOTTAMA)
 婆羅門とその妻(THE BRAHMAN AND HIS BRAHMANI)
 バワカリ(BAKAWALI)
 ナタリカ(NATALIKA)
 屍鬼(THE CORPSE-DEMON)
 獅子(THE LION)
 禍母異聞(THE LEGEND OF THE MONSTER MISFORTUNE)
 仏喩譚(A PARABLE BUDDHISTIC)
 芬陀利(PUNDARI)
 閻魔王(YAMARAJA)
 信蓮華―または「火炉」(THE LOTUS OF FAITH)

カレワラの歌(RUNES FROM THE KALEWALA)
 魔法のことば(THE MAGICAL WORDS)
 最初の楽人(THE FIRST MUSICIAN)
 ワイナモイネンの医方(THE HEALING OF WAINAMOINEN)

回教国の物語(STORIES OF MOSLEM LANDS)
 鳩のブーティマル(BOUTIMAR, THE DOVE)
 盗賊の子(THE SON OF A ROBBER)
 愛の伝説(A LEGEND OF LOVE)
 王の裁判(THE KING’S JUSTICE)

タルムッドの伝説(TRADITIONS RETOLD FROM THE TALMUD)
 ラバの伝説(A LEGEND OF RABBA)
 嘲弄者(THE MOCKERS)
 エステルの選択(ESTHER’S CHOICE)
 ハラカの論争(THE DISPUTE IN THE HALACHA)
 ヨカナン・ベン・ザカイ師(RABBI YOCHANAN BEN ZACHAI)
 テトスの伝説(A TRADITION OF TITUS)

きまぐれ草(FANTASTICS AND OTHER FANCIES)
白装束(ALL IN WHITE)
小さな赤猫(THE LITTLE RED KITTEN)
万聖節の夜(THE NIGHT OF ALL SAINTS)
悪魔の紅玉(THE DEVIL’S CARBUNCLE)
舞台の裏(LES COULISSES)
見知らぬ人(THE STRANGER)
どうして?(Y PORQUE?)
紙鳶の夢(A DREAM OF KITES)
遺伝的記憶(HEREDITARY MEMORIES)
幽霊の接吻(THE GHOSTLY KISS)
黒いキューピッド(THE BLACK CUPID)
ぼくが花だった時(WHEN I WAS A FLOWER)
転生(METEMPSYCHOSIS)
不死の人(THE UNDYING ONE)
死んだクレオル人の夢(THE VISION OF THE DEAD CREOLE)
石に書かれた名前(THE NAME ON THE STONE)
アフロディットと国王の囚人(APHRODITE AND THE KING’S PRISONER)
こがねの泉(THE FOUNTAIN OF GOLD)
死んだ恋人(A DEAD LOVE)
墓場で(AT THE CEMETERY)
アイーダ(”AÏDA”)
黄熱病(EL VÓMITO)
フランス嗅ぎ煙草入れの田園詩(THE IDYL OF A FRENCH SNUFF-BOX)
春の妄想(SPRING PHANTOMS)
奇怪な接吻(A KISS FANTASTICAL)
鳥と少女(THE BIRD AND THE GIRL)
ある扇のはなし(THE TALE OF A FAN)
伝説(A LEGEND)
ジプシーのはなし(THE GYPSY’S STORY)
丸薬入れ(THE ONE PILL-BOX)
川を想う(A RIVER REVERIE)
心は老いぬ(”HIS HEART IS OLD”)
MDCCCLIII
玄奘(HIOUEN-THSANG)
死後の恋(L’AMOUR APRÈS LA MORT)
郵便局(THE POST-OFFICE)

八雲と翻訳文学 平井呈一

本書は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)第1作品集『Stray Leaves from Strange Literature AND Fantastics and Other Fancies』を邦訳したもの。

『飛花落葉集』は、エジプト、インド、フィンランド、ユダヤ、イスラムなどの教典・神話・伝承・物語に取材し、八雲が再話した作品を収める。それぞれは、非常に短く掌編小説集のようでなかなか興味深い。

『きまぐれ草』は、新聞記者時代の八雲の作品(記事)をまとめている。記事なので当然みな短い文章。エッセー、小説、評論、紀行文っぽいものなどバラエティーに富む文章が収められている。今読んでも古びていないのがすごい。

飛花落葉集―他

amazon


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange