スポンサーリンク

『きりぎりす』太宰治(新潮文庫)

『きりぎりす』太宰治(新潮文庫)

改版1974年
368頁




目次(収録作品)

燈籠
姥捨
黄金風景
畜犬談
おしゃれ童子
皮膚と心

善蔵を思う
きりぎりす
佐渡
千代女
風の便り
水仙
日の出前

「おわかれ致します。あなたは、嘘ばかりついていました。……」名声を得ることで破局を迎えた画家夫婦の内面を、妻の告白を通して印象深く描いた表題作など、著者の最も得意とする女性の告白体小説「燈籠」「千代女」。著者の文学観、時代への洞察がうかがわれる随想的作品「鴎」「善蔵を思う」「風の便り」。他に本格的ロマンの「水仙」「日の出前」など、中期の作品から秀作14編を収録。

出典:新潮社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange