スポンサーリンク

『大君の通貨』佐藤雅美(文春文庫)

『大君の通貨―幕末「円ドル」戦争』佐藤雅美(文春文庫)

2003年
307頁



徳川幕府の崩壊は、薩長の武力のみにあらず、もう一つの大きな要因は通貨の流出にあった。ペリーの来航以来日本は、初めて世界経済の荒波に見舞われた。幕府の経済的な無知につけ込んで、一儲けを企む米外交官ハリス、駐日英国代表オールコックたちの姿を赤裸々に描く新田次郎文学賞受賞の傑作歴史経済小説。解説・神崎倫一
第4回(1985年)新田次郎文学賞

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange