スポンサーリンク

「水菓子屋の要吉」木内高音

約18枚(400字)

果物屋に奉公している要吉少年が、仕事をする中で世の中の不条理を感じるのを描く。今も鑑賞に堪えるなかなかの良作。

木内高音作品リスト (青空文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange