スポンサーリンク

『カポーティ短篇集』(ちくま文庫)

『カポーティ短篇集』トルーマン・カポーティ、河野一郎訳(ちくま文庫)

1997年
252頁




目次(収録作品)

楽園への小道/ヨーロッパへ/イスキア/スペイン縦断の旅/フォンターナ・ヴェッキア/ローラ/ジョーンズ氏/もてなし/窓辺の灯/くららキララ/銀の酒瓶/無頭の鷹

妻をなくした中年男の一日を、一抹の悲哀を込め、ややユーモラスに描いた本邦初訳の「楽園への小道」をはじめ12編を収める。各ジャンルの中から作家の資質がもっともよく現れている作品を選んだ、1冊でカポーティの魅力を満喫できる本。文庫オリジナル。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange