スポンサーリンク

『ビーアド『ルーズベルトの責任』を読む』開米潤編(藤原書店)

『ビーアド『ルーズベルトの責任』を読む』開米潤編(藤原書店)

2012年
304頁




目次(収録作品)

I チャールズ・ビーアド――人/学風/業績
 序 チャールズ・ビーアドという巨人  粕谷一希
 〈座談会〉人/学風/業績――ビーアド博士をしのびて(1958年)
  蝋山政道+高木八尺+鶴見祐輔+松本重治+前田多門(司会)

II 『ルーズベルトの責任』を読む
 序 祖父チャールズ・A・ビーアドについて  デートレフ・F・ヴァクツ
 1 『ルーズベルトの責任』を読む
  青山やすし/渡辺京二/岡田英弘/小倉和夫/川満信一/松島泰勝/
  小倉紀蔵/新保祐司/西部邁/榊原英資/中馬清福/三輪公忠
 2 同時代人によるビーアドの評価
  マシュー・ジョセフソン/リチャード・ホフスタッター/
  ハワード・K・ビール/ハロルド・J・ラスキ

III ビーアドの外交論と世界の未来
 序 「大陸主義」は世界平和をもたらす積極外交である  開米潤
 1 「大陸主義」とは何か――『アメリカのための外交政策』(1940年)抄訳
   チャールズ・A・ビーアド
 2 ビーアドの衝いたアメリカの「独善」――アメリカはどこへ向かっているのか  開米潤
 3 日米関係の核心は中国問題である  丸茂恭子/阿部直哉/開米潤

〈附〉アメリカ史略年表/ビーアドの歴史関連著作の販売部数/ビーアド著作一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。