スポンサーリンク

『カリブの女』ラフカディオ・ハーン(河出書房新社)

『カリブの女』ラフカディオ・ハーン、平川祐弘訳(河出書房新社)

1999年
288頁
定価:2,200円(税別)




目次(収録作品)

チータ(Chita: A Memory of Last Island)
ユーマ(Youma:the Story of a West-Indian Slave)

小泉八雲の名で知られるラフカディオ・ハーンの貴重な小説2篇を収録。来日前に発表し、アメリカ文壇へのデビュー作となったこれらの作品は、最近とみに再評価されている。

出典:河出書房新社公式サイト

※商品説明やレビューなどに小泉八雲は生涯この2編しか小説を書かなかったという情報が見られるが、それは正しくない。短いものは書いている。長い小説は、この2編のみ(だったはず)。

カリブの女

amazon


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。