スポンサーリンク

『ペスト』ダニエル・デフォー(中公文庫)

『ペスト』ダニエル・デフォー 平井正穂訳(中公文庫)

2009年
453頁
定価:1200円(税別)



一六六五年、ロンドンが悪疫(ペスト)に襲われた。逃れえない死の恐怖に翻弄された人々は死臭たちこめる街で、神に祈りを捧げ、生きのびる術を模索した。事実の圧倒的な迫力に作者自身が引きこまれつつ書き上げた本篇の凄まじさは、読む者を慄然とせしめ、最後の淡々とした喜びの描写が深い感動を呼ぶ。極限状況下におかれた人間たちを描き、カミュの『ペスト』よりも現代的と評される傑作。

出典:中央公論新社公式サイト

原題『A Journal of the Plague Year』

[関連]
『ペストの記憶』ダニエル・デフォー(2017・研究社)

『新訳ペスト』ダニエル・デフォー(2020・興陽館)

ペスト (中公文庫)

amazon  Kindle  楽天  楽天kobo


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。