スポンサーリンク

『異界と日本人』小松和彦(角川ソフィア文庫)

『異界と日本人』小松和彦(角川ソフィア文庫)

2015年
210頁




目次(収録作品)

異界をめぐる想像力
反魂の秘術―『長谷雄草紙絵巻』
源頼光と酒呑童子―『大江山絵詞』
妖狐の陰謀―『玉藻前草紙絵巻』
龍宮からの贈り物―『俵藤太絵巻』
龍宮の逆説―『浦嶋明神縁起絵巻』
天界への通路―『天稚彦草子絵巻』
義経の「虎の巻」―『御曹子島渡』
天狗と護法童子―『是害房絵詞』
狐の「浄土」と異類婚姻―『狐草紙絵巻』
百鬼夜行のパレード―『付喪神絵巻』
幽霊の近世―『死霊解説物語聞書』
異界観の変容と妖怪文化の娯楽化

妖怪研究の第一人者がおくる画期的異界論!

古来、日本人は未知のものに対する恐れを異界の物語に託してきた。酒呑童子伝説、浦嶋伝説、七夕伝説、義経の「虎の巻」など、さまざまな異界の物語を絵巻から読み解き、日本人の隠された精神生活に迫る。

出典:KADOKAWA公式サイト

本書は、『異界と日本人 絵物語の想像力』を改題し文庫化したもの。

[関連]
『異界と日本人 絵物語の想像力』小松和彦(2003・角川選書)
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。