スポンサーリンク

『シャーロック・ホームズの冒険』アーサー・コナン・ドイル(光文社文庫)

『シャーロック・ホームズの冒険』(新訳シャーロック・ホームズ全集)アーサー・コナン・ドイル、日暮雅通訳(光文社文庫)

2006年
555頁




目次(収録作品)

ボヘミアの醜聞/赤毛組合/花婿の正体/ボスコム谷の謎/オレンジの種五つ/唇のねじれた男/青いガーネット/まだらの紐/技師の親指/独身の貴族/緑柱石の宝冠/ぶな屋敷

ホームズ物語は、月刊誌『ストランド』に短編が掲載されはじめてから爆発的な人気を得た。ホームズが唯一意識した女性アイリーン・アドラーの登場する「ボヘミアの醜聞」をはじめ、赤毛の男に便宜を図る不思議な団体「赤毛組合」の話、アヘン窟から話が始まる「唇のねじれた男」、ダイイングメッセージもの「まだらの紐」など、最初の短編12編を収録。第1短編集。

出典:光文社公式サイト


[関連]
『シャーロック・ホームズの冒険』コナン・ドイル、延原謙訳(1953・新潮文庫)472頁
amazon  楽天

『シャーロック・ホームズの冒険』(シャーロック・ホームズ全集3)アーサー・コナン・ドイル、東山あかね訳(2014・河出文庫)732頁(オックスフォード大学版の注・解説にくわえ、初版本イラスト全点を復刻掲載した決定版)
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。