スポンサーリンク

『アフリカ騎兵』ピエール・ロチ(岩波文庫)

『アフリカ騎兵』ピエール・ロチ、渡辺一夫訳(岩波文庫)

1952年
323頁



ロチの全生涯とその全作品にみなぎっている「生」に対する異常な官能的執着と,その裏側から眼を光らせている「死」や「虚無」に対する深い恐怖を,この作品ほどくっきりと我々に感じとらせる作品はない.ロチの「生」への執着は必然的に灼熱の国に彼を導く.砂漠のむなしさに身を伏して泣くロチの心情溢れる名篇.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。