スポンサーリンク

『月性 人間到る処青山有り』海原徹(ミネルヴァ書房)

『月性 人間到る処青山有り』海原徹(ミネルヴァ書房)

2005年
370頁
定価:2,800円(税別)




目次(収録作品)

第1章 どのような家庭環境、少年時代を送ったのか
第2章 諸国修業の旅
第3章 立志の旅
第4章 学費はどれくらい要したのか
第5章 詩僧にして僧詩を作らず
第6章 真宗僧の政治的進出
第7章 討幕論者月性の登場
第8章 清狂草堂―時習館の教育
第9章 幕末勤王僧として世に出る
第10章 月性―どのような人間であったのか
終章 師の衣鉢を受け継いだ人びと

月性(一八一七~五八)、幕末期の勤皇僧(浄土真宗)。早くから諸国遊歴の旅に出て、多くの詩人や儒者と交わる。真宗の教えをもとにした挙国一致体制の確立を説き、長州藩でもっとも早く討幕論を唱え、吉田松陰にも大きな影響を与えたその波瀾に富んだ足跡を辿る。

出典:ミネルヴァ書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange