スポンサーリンク

「防雪林」小林多喜二

北海道に暮らす貧しい小作農の青年を生々しく描く良作。おすすめ。
小林多喜二といえば『蟹工船』だが、本作の方が読みやすい文体でよい。会話は方言なので、すこし分からない所があるが。
本作が書籍として手軽に読めないのはおかしい。2010年に岩波文庫に入ったが、品切れ状態。

『防雪林・不在地主』小林多喜二(岩波文庫)

小林多喜二作品リスト (青空文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange