スポンサーリンク

『ケルトの神話』井村君江(ちくま文庫)

『ケルトの神話―女神と英雄と妖精と』井村君江(ちくま文庫)

1990年
269頁




目次(収録作品)

1 「天地創造神話」のない神話(地下から来た神々/国造りを見た男トァンの話)
2 ダーナ神族の神話(ダーナの神々/ダーナ神族と妖精と常若の国/トゥレン3兄弟の試練の旅/かゆ好きの神ダグダ/愛の神オィングスの夢/蝶になったエーディン/白鳥になったリールの子 ほか)
3 アルスター神話(赤枝の戦士たち/光の神ルーの子ク・ホリン/悲しみのディアドラ)
4 フィアナ神話(フィンとフィアナ騎士団/フィンと妖精サヴァ/妖精にたのまれた戦い/ディルムッドとグラーニャの恋 ほか)

神々は英雄と結婚し、英雄はまた妖精の恋人に…「幻の民」ケルトの人びとが伝え残した神話のかずかず。目に見えぬ世界「常若の国」や、目に見えぬ種族・妖精たちの存在を信じていたケルトの人びとの想いが今に甦える。ケルト文化の理解に欠かせない1冊。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange