スポンサーリンク

『少年は見た―通化事件の真実』佐藤和明(新評論)

『少年は見た―通化事件の真実』佐藤和明(新評論)

1998年
216頁




目次(収録作品)

1 敗戦(校長先生が泣いた日/ぼくに、この馬をください)
2 略奪(暴動におびえる日々/八路軍の略奪)
3 虐殺(目はぱっちりと色白で/日本人の無謀な反乱/うたうタバコ売り)
4 帰国(さようなら通化/ぼくたちは帰ってきたぞ!)
帰国日誌

朝鮮との国境沿いにある旧満州通化市。日本が戦争に負けた後、ここにたてこもった旧日本軍の無謀な反乱により、多くの日本人が殺された。当時十才だった著者が見聞きした、通化事件の真実。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange