スポンサーリンク

『久米正雄作品集』石割透編(岩波文庫)

『久米正雄作品集』石割透編(岩波文庫)

2019年
390頁




目次(収録作品)

小説
 父の死
 手品師
 競漕
 流行火事
 受験生の手記
 金魚
 桟道

随筆
 芥川龍之介氏の印象
 私小説と心境小説
 あの頃の話
 私の社交ダンス
 孝行飛行
 震水火の只中に
 母を見るまで
 追憶の東京
 大正ジプシー生活の夢
 麻雀の話
 大空放哉居士
 国際競技
 文士野球団の思い出

俳句
 牧唄句抄
 句集・返り花(抄)

久米正雄は大正文学を語る上で欠かせない作家である。芥川、菊池らと共に「新思潮」に集い、様々な個性が競い合う文壇に新鮮な風を吹き込み、注目を集めた。「受験生の手記」「競漕」等の青春小説、絵画的で市井の一端を浮かびあがらせた俳句、多方面の才が反映された微苦笑を誘う随想など、多岐にわたる久米作品を精選する。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。