スポンサーリンク

『ラ・フォンテーヌの寓話』(沖積舎)

『ラ・フォンテーヌの寓話』ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ、 窪田般彌訳(沖積舎)

単行本ソフトカバー・A5判

2006年11月1日初版発行
389頁



ギュスターヴ・ドレの挿し絵をもとに86篇を収める。
挿し絵は、1ページ全体の大きさなので、大きな画面でよい。
ただ、寓話作品の方は、詩を翻訳した調子で冴えないもの、元のイソップ寓話を知ってないとよくわからないもの等もあり、また全体的にも特によくはない。(原文で読めばまた違うのかもしれないが)

筆者は、元の『イソップ寓話』をおすすめする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange