スポンサーリンク

『縄文土器・土偶』井口直司(角川ソフィア文庫)

『縄文土器・土偶』井口直司(角川ソフィア文庫)

2018年
224頁




目次(収録作品)

日本列島と縄文時代
 1 日本列島の特性
 2 縄文のマザーランド
 3 縄文時代の特徴
 4 縄文時代の始まりと終わり

縄文土器ものがたり
 1 縄文土器の二極化
 2 土器の型式
 3 縄文土器の地域色
 4 地域色のなかの地域色
 5 自然界と命

縄文土偶ものがたり
 1 縄文土偶のあれこれ
 2 縄文土偶の地域色
 3 縄文土偶と女性表現
 4 謎に謎が重なる縄文土偶
 5 縄文土偶の進化 精霊から人間へ

縄文に学ぶ
 1 東・西の謎 精霊界からの乖離
 2 「回転縄文」という知恵
 3 日本列島人の世界観
 4 日本列島人の心

縄文人はどんな人たちだったのか? その謎を解く鍵は、彼らが使った道具にあった! 日本各地でつくられた土器・土偶。その造形は摩訶不思議で奇天烈だが、意表を突く原始的な力強さを持つ。火焔土器、ミミズクやハート形の土偶などから、自然と共存した生活や交流・精神世界までもが見えてくる。縄文の主要な作品をカラー写真と最新の科学的知見を盛り込んだ解説で紹介。縄文時代の国宝全6点を含む図版 100 点超えの入門書の決定版。

出典:KADOKAWA公式サイト

スポンサーリンク

フォローする